エスクァイアの車両紹介動画

エスクァイアの車両紹介動画をご覧ください♪

萩原秀輝さんによるエスクァイアの車両紹介動画を見てみましょう♪

 

 

トヨタのエスクァイアを紹介します。

 

エスクァイアは、実は2014年1月に発売されたノア・ヴォクシーのパッケージングを利用した第3弾のモデルということなります。

 

目指したのは、ワンランク上の高級感の実現ということですね。

 

確かにその通りだと思います。

 

見てください。この威厳のある顔。

 

正に高級セダンのような雰囲気を感じさせるような、ファミリーな感じのミニバンとは一線を画するモデルになっているのではないかなと思います。

 

 

エスクァイアのエンジンルーム

 

パワートレインは2Lのガソリンエンジンとハイブリッドの2種類あります。

 

今回は、エスクァイアのハイブリッドモデルを紹介していきたいと思います。

 

パワーユニットは、こちらのエスクァイアを含めた国産5ナンバーでは唯一のフルハイブリッドとなります。

 

1.8Lとモーターを組合わせることによってシステム出力は136PS、JC08モード燃費は23.8km/Lを記録しているので、優れた燃費を期待できるものと思います。

 

 

エスクァイアの室内

 

インテリアについてもエスクァイアはワンランク上の高級感が演出されています。

 

最高級グレードのGiというモデルなのですが、インパネが合成皮革ですが縫い目も入れた高級感ある仕上げになっています。

 

インパネからドアトリムにもデザイン的な繋がりを持たせて、合成皮革が用いられているわけですね。

 

シートについても合成皮革ですね。

 

合成皮革と言っても、見た目の質感はほとんどレザーと変わらないと思います。

 

特にシートの身体に触れる部分については、パンチングホールを開けたデザインになっていて、その奥に赤と言うかオレンジと言うか、透かして見えるかなり凝ったデザインになっています。

 

トリム類についてもピアノブラック仕上げになって金属調のモールで囲ってあったり、フルオートエアコンの操作パネルもかなり凝っていて、一味違うなという仕上がりになっていると思います。

 

エスクァイアのステアリングについては、全グレード本革巻きになっています。

 

Giグレードについては本革と木目調の黒で仕上げていますね。

 

かなり渋い感じのコンビネーションの仕上げになっています。

 

 

エスクァイアは乗降性が優れていることも特徴です。

 

例えば、スライドドアはボタンをワンタッチするだけで開けることができます。

 

さらに乗り降りについても床下が非常に低いのでとても楽ですね。

 

シートについては、基本的に7人乗りと8人乗りが用意されています。

 

ハイブリッドについては、全て7人乗りになります。

 

特徴としては、エスクァイアの7人乗り仕様の2列目シートは810mmのロングスライドが可能ということですね。

 

スライドを下げると、身長180センチの私でも足が組めてしまうフットスペースを確保することができます。

 

室内サイズは、全体的に5ナンバーサイズとは思えないくらい広いです。

 

その理由は、まず、天井が高いんですね。

 

空間的な演出が十分にされています。

 

さらに、私は身長180センチあるわけですが、前席で運転に最適な運転姿勢を選び、2列目シートで余裕のあるスライド位置を調整して、3列目シートに座っても足元が窮屈になりません。

 

エスクァイアは、非常に実用性に高い室内スペースを得ていると思います。

 

 

エスクァイアのラゲッジスペース

 

エスクァイアの荷物置き場については、3列目シートが前後にスライドすることはありませんが、それでも実用十分なスペースを確保しています。

 

そもそも床が低いですし、その床下にも十分なスペースが確保されています。

 

また、荷物スペースを拡大するための3列目シートの収納方法も驚きますよ。ご覧ください。

 

このようにワンタッチで3列目シートを跳ね上げることができます。

 

フックを掛ければ完了となります。

 

 

それでは試乗インプレッションしたいと思います。